about

【ナイジェリアのスラム地域で生まれたサッカークラブ】

——スラム街であるイガンム地域。
夜は電気はほとんどなく、舗装されていない道路、
イスラムの音楽とブラックミュージックが鳴り響く。
国全体で失業率は高く、悪い道に消えていってしまう若者も多くいる。
そんな中でも貧しい家族・親戚を救うべき、
サッカー選手となる夢とサッカーボールを追い続ける若者たち。
持って生まれた身体能力というポテンシャルはあるものの、
指導者、グランドなどの環境が不足、
そして、お金を稼げる海外へ移籍する機会があまりにも少ない。
そんな状況のイガンムから、環境を整え、海外で活躍できるサッカー選手を育成し、
イガンム地域の希望の星となりたい——

そんな想いからイガンムFCは誕生しました。

多くの投資家から資金を集めており、ナイジェリアのラゴス州の土地を購入済み。
また、今年12月には、その土地に選手寮・クラブハウスを建設予定。
(次回の資金調達で人工芝グランドのクラブ施設の建設も予定。)


◆IGANMU FC 詳細◆
○設立
 2015年3月(ナイジェリアサッカー協会への登録は2016年4月)
○代表者
 ・EGBAYELO ABAYOMI(IGANMU FC 設立者)
 ・加藤 明拓(IGANMU FC 出資者)
○所属リーグ
 ナイジェリア5部リーグ(2016年から参入)
○拠点
 ナイジェリア、ラゴス州
 →同国最大の大都市・港湾都市で、ナイジェリアの旧首都

◆EGBAYELO ABAYOMI 詳細◆
1980年生まれ。ナイジェリア・ラゴス出身。
ナイジェリア、ラゴス州のゲットーで生まれ育ち、黒人ならではの身体能力を備え、自らサッカーをしてきた。2003年から来日し、その後東海大学へ進学。NPO法人湘南ベルマーレスポーツクラブでアシスタントコーチの経験を経て、体育学を学ぶうち、サポートする側としてサッカーに携わりたいという思いが強くなり、単独渡英しコーチングライセンス取得。
母国ナイジェリアでは、子どもたちへ希望を与えたいという思いから2015年にIGANMU FCを設立。

◆加藤明拓 詳細◆
1981年生まれ。千葉県出身。
明治大学卒業後、リンクアンドモチベーションに入社。組織人事領域のコンサルティング業務に従事後、スポーツコンサルティング事業部の立ち上げ、ブランドマネジメント事業部長を経て、「自らを信じて前に踏み出す人が溢れる世界に」を理念に2013年株式会社フォワードを設立。